読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食事って大事なんだな!

前回はヨガって意外とアスリートの選手もやっていると書きました。

 

 

 

一般の方は聞いたことはあるけど

やったことはないとかっていう人多いかなと思います。

 

 

 

 

最近患者さん見ていても思います。

 

 

 

言い忘れましたが、医療職の仕事をしています。(笑)

 

 

歩くところを見ていても

まだ60代ぐらいなのに身体が硬すぎる!!

 

例えばロボットが歩いているような感じ。

 

パーキンソン病の方は胴体が硬くなり

小股ですり足でしか歩けなくなるような感じ。

 

それじゃ膝が痛くなったり

張ってきたりするのもしょうがないなと思います。

 

 

ヨガでは前屈したり反らしたり

 

捻じったり伸ばしたり。

 

伝わりにくいかもしれないですが、この動き重要なんです。

 

人間の基本的な動きなんです。

 

ヨガをやることで身体の柔軟性が改善されて

膝や肩、腰の痛みがなくなるというのもありましたね!

 

他には食事の影響があります。

加工食品には添加物がたくさん含まれていますね。

 

それによりお腹が硬くなってしまい、

身体が硬くなってしまっていることが多いのです。

 

外出していて小腹がすいてコンビニ行っても

添加物が含まれているものだらけ…

 

手軽に食べれて安全なものが中々ないので

いつも困っています。

 

 

完全に添加物を避けるのは厳しいので

多少妥協していたりもしています。

 

 

以下るいネットからの引用です。

 

わたしたちが日々口にする加工食品には、合成着色料、合成保存料などの食品添加物がたくさん使われています。一応、使用量には基準がありますが、複数の添加物を同時に摂取した場合や数十年の摂取については、ちゃんと検証されていません。


合成着色料、合成保存料、発色剤、結着補強剤などの食品添加物が、腸内細菌の発育や増加に悪影響を及ぼしていることが実験で確認されています。特に合成保存料は、その目的が細菌の繁殖を抑えることなので、摂取すれば腸内細菌を衰弱させます。

 

腸内細菌が減るということは色々な病気になりやすくなります。

 

例えば

下痢

潰瘍性大腸炎

アレルギー

大腸がん

などです。

 

病気ではないのもありますが。

かぜやインフルエンザ等も引きやすくなるかもしれません。

 

 

そもそも口から菌やウイルスが入り、

それを腸で認識するのですが

攻撃、排除するので腸が元気ではないといけないんですね。

 

次回はその腸をキレイにするために

どうするかを書いていきたいと思います。

 

朝方は特に寒くてお腹出して寝ていたのか

朝から腹痛が。。。

今年の冬は本当に寒くて早く春が来てほしいと切実の思いますね。